GAP(Good Agricultural Practice)|より良い農業の実践GAP(Good Agricultural Practice)|より良い農業の実践

新潟県

安全の”見える化”宣言GAPで変わる!
農業を変える!GAPを上手に活用して
次世代につながる持続可能な
農業を始めましょう

GAP(ギャップ)
とは?

GAP(Good Agricultural Practice)とは、直訳すると「良い(Good)、農業の(Agricultural)、実践(Practice)」となり、「良い」もしくは「適正な」農業生産活動のことです。これは、農業生産活動の工程を適正に管理していく行為であることから、「農業生産工程管理」や「適正農業管理」と意訳されています。

GAP=Good Agricultural Practice|「適切な農業のやり方で生産しよう!」という取組のこと

日常の農業生産活動の中で、何らかの法令に違反したり、うっかりして農産物汚染につながったり、知識不足から環境を汚染したりすることは、社会生活や自然環境に負荷をかけてしまう行為であり、農業者自身が責任を持って改善を図る必要があります。
農業者自身が、法令や科学的知見に基づき、「農産物の安全性」、「環境の保全」、「作業者の安全」等を確保する視点から農業生産活動に潜むリスク(危険度)を把握・評価し、その発現を未然かつ効果的に排除又は軽減し、「より良い農業」へ持続的に改善していく活動がGAPです。

GAPの取組事例紹介

GAPの目的と効果

未来に向けて持続的に活動できる「良い農業」の実践。これが、“GAPに取り組む”ということです。
具体的な効果として、「農産物の安全」「環境の保全」「作業者の安全」が確保されることはもとより、「農産物などの品質向上」「経営の安定化」「消費者の信頼確保」などの効果が期待できます。農業生産活動に潜むさまざまなリスクの軽減や、顧客と作業者の健康維持と生産活動を両立するための改善。これらを継続した結果、農業経営のレベルアップや安定化につながり、未来を見据えた農業活動の実践へと発展させることができます。
また、昨今、価格や見た目、デザイン性などの「見える価値」だけでなく、安全性や持続可能性などの「見えない価値」を重要視する傾向も強まっています。GAPへの取り組みは、そのような「見えない価値」を見えるカタチで顧客や作業者に示すものでもあるのです。

消費者と農業者にメリットをもたらすGAPの取組
求められる安全性・持続可能性への対応「見えない価値」を重視
CHECK!
GAPは食品市場のグローバル化により、食品の品質や安全性へのニーズが高まる中、輸出時の取引基準となることがあります。
また、GAPは持続可能性(サステナビリティ)を重視する東京オリンピック・パラリンピック競技大会で使用される食材の調達基準になっています。

新潟県国際水準
GAP実践研修会

県内の産地及び農業者の国際水準GAPの実践やGAP認証取得拡大を図るため、産地や農業者、更にGAPを指導できる知識や手法を身につけた指導者を育成する研修会を実施します。